ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

佐藤眞志監修宇宙意識に目覚めるCD「COSMIC LOVE慈しみ」

3,000円(税込)

定価 3,000円(税込)
販売価格

3,000円(税込)

購入数


私たちの心や身体は、実は宇宙のリズムと同調しながら働き、そのつながりの中で営まれています。そしてちょっと頭を休め、心を開放し、意識をこの自然な法則に委ねることにより、私達は本来の生命エネルギーを取り戻すことができるのです。
CD「慈しみ」は佐藤気功法によって宇宙意識に目覚めた冨澤フミ子さんが、天上からの贈り物として受け取った曲をもとに作られました。


宇宙意識とは、宇宙のリズムに合わせて徐々に変化していく、根源的意識の状態を言います。これに目覚めた時、人々は慈愛と大きな歓びに包まれるでしょう。
そのことにより、心の強さが湧き上り、他者への慈しみが自然な形で芽生え、抵抗(ストレス)なく、調和のとれた行動ができるようになります。

佐藤式気功は、こうした意識の覚醒を導く働きかけを特徴とし、その意識変化の中で心身を浄化し、健やかな生命エネルギーを高めていきます。

何故か懐かしい、この天上の音に静かに耳を傾けてください。
自然に音楽の波動があなたの意識深くに働きかけ、宇宙のリズムに同化させてくれることでしょう。(ライナーノーツより)

****************************************************************
◆真夜中の2時、天上から届けられた「スピリチュアル・サウンド」誕生秘話

冨澤フミ子さん 元小中学校音楽教諭

佐藤気功センターにとって、冨澤さんは縁の深い方です。冨澤さんが体外離脱経験の後に聴き取ったスピリチュアルな天の調べは、現在CDに収録され、気功中のBGMとして毎日使わせていただいてます。

冨澤フミ子さんはストレスでお見えになった方です。1回目の気功では、気を送り始めてまもなく体が反応し始め、背中がだるくなり、足や腰も重かったのですが、気功後半になってだるさがとれ、リラックス感を感じ始めました。2回目からイメージ体験が始まりました。その時は気を送ってすぐに脳裏に白い光を感じましたが、とたんに満天の夜空に映像が切り変り、さらにフラッシュライトのように自分の過去が現れ、またそれが変化してお孫さんと家の庭で遊んでいる情景が見えてきました。

ただし、こうした映像イメージはまだ本当の体外離脱ではありません。
イメージの現れ方には3種類あり、私は次のように分類しています。

1.脳裏に浮かんでくる平面的なイメージ。例えるなら、映画を客席から眺めている感覚。

2.体外離脱して、第一トンネルを通過し、イメージが立体的に感じられる意識状態。映画の中に自分がいて回りを見ていると実感できる感覚。この時は、時間と空間を超越しているので、自分の意志で目的地にトリップできる。

3.体外離脱した後、第二トンネルを通過し、イメージがより立体的に感じられる意識状態。 映画の中の俳優と一体化し、俳優そのものになっている感覚。

本当に体外離脱ををしているといえるのは2.3.で、この時点の冨澤さんの体験は、まだ1の体験だと思われます。

冨澤さんの体外離脱は4回目から始まりました。

――第一の光のトンネルを抜け宇宙空間に出た後、すぐに第二トンネルを抜けました。惑星に意識を向けてみると、観音菩薩や阿弥陀如来が意識の中に入ってきました。黄金に輝く阿弥陀如来が意識の中に浮かんでいるのを見たとき、自分の悩みなど小さな事だと気づいたのです。ひたすら感謝する心でいっぱいになりました。

冨澤フミ子さんは、5回目以降の体験中には毎回観音菩薩や阿弥陀如来が心の中に現れて、心の底から癒してくれたとの事です。10回目になってからは、心身ともに健康になり、趣味のお寺巡りの旅行ができるようになったと明るい笑顔で話してくれました。

想念の中に、冨澤さんのように観音菩薩や阿弥陀如来の姿で神仏が現れるというケースは少なくありません。人間の心の本質は普遍的なもので変りませんが、本質を取り巻いている想念では、拠って立つ文化や価値体系が一人ひとり異なりますので、想念世界では人によって多様なイメージ体験が起こります。

気功は13回で終了したのですが、それから1カ月くらい後のこと、冨澤フミ子さんが再び当センターに見えて、こんなことを言ったのです。

――実は、最近午前2時頃になると、美しいみやびな音楽が聴こえてくるのです。初めは幻聴かと思いました。でも、毎日同じ時刻に同じ曲が聴こえてきます。それが毎日続くし、その音楽を聴くと心がとても落ち着くのです。不思議なので、これは何なのかお尋ねしたいと思ってやってきました。

そこで、私が冨澤さんに気を送りますと、冨澤さんの脳裏に瞬く間にイメージが現れました。「夜中に聴こえていた調べは、天上で天女(霊的存在)たちが飛天の舞いに合わせて奏でる音楽でした。それを私は毎夜聴いていたのだとわかりました」と言われました。

冨澤フミ子さんは長年音楽に携わっていた方でしたので、後日この天上からの音楽をエレクトーンを使って楽譜にしてみました。私はその楽譜を気功の理解者であり、友人である 編曲者に依頼して、一般の人に親しみやすい音楽に編曲してもらうことにしました。そしてテープに録音してもらった曲を気功センターに送っていただき、音楽を聞きながら、大山浩子さんと編曲者の友人に気を送り、体外離脱してもらいました。お二人とも体外離脱体験中に冨澤さんと同じような神秘的な宇宙を見ています。そこで二人に天上界をつぶさに感じてもらいながら、琴・笛・太鼓 ・鈴などによる音の強弱・深さ・音色・流れなどを天上界の振動とクロスさせて完成させました。

こうして冨澤さんが遺してくれたこの曲は、不思議な慈しみに満ちたスピリチュアルサウンドとして、聴く者全ての心を今も癒してくれます。私たちは「COSMIC LOVE・慈しみ」と命名し、現在も毎日、気功の時のBGMとして活用しています。

「幸運を呼び込む スピリチュアル気功・佐藤眞志・ハート出版」より引用


*****************************************************************

◆このCDのカバーも、佐藤式気功で天上界を旅した方が描かれたものです。
SATOメソッドのトレーニング方法の解説付きです。
こちらもご参考に

◆<質問:どんな曲ですか?>
初めに、波が寄せては返すようなさざなみのような音から始まります。
コンピューターで作ったものかもしれませんが、一番近い音と言いますと
教会にあるパイプオルガンの響きに、雅楽で使う和楽器や太鼓、ハープの音などに交じって、時折鳥のさえずりなどが聴こえて参ります。

一瞬の内にスーっと静かな心になると申しますか、「子守唄」を聴いているようでもございます。懐かしくもあり、宇宙(母胎)にぽっかり浮かんでいるようでもあり、何とも言えずこころが落ち着きます。
「天上界から頂いた音楽」というのは、嘘偽りなく、まさにそうなのだろうと思う心地よい音だと存じます。
日々何かとストレスの多い現代社会でございます。
素晴らしい方々が心を込めてお作りになられました製品をお役立て頂き、日々清々しいお気持ちでお過ごし頂ければ幸いでございます。(陽の氣本舗スタッフ)
-------------------------------------------------------------------
お客様のご感想
★慈しみのCDを聞いたとき最初の部分は、「母親の胎内にいる時はこんな風だったのかなあ」という印象でした。何となくですが・・・
聞いていると自然に雑念が消えていくような気もしました。
CDをかけながら食事の支度をしていると、とても気持ちが落ち着きゆったりします。幸せです。 ありがとうございます。
--------------------------------------------------------------------
★早速CDを聴いております。
本当に満天の星が輝いているようですね。その中を鳳凰が優雅に飛んでいる情景が浮かびました。心が洗われます。
---------------------------------------------------------------------
★こちらで視聴できます。https://www.youtube.com/watch?v=WDYESvEhLqs
この商品を買った人はこんな商品も買っています