ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

麻の葉組みひもキット

3,780円(税込)

販売価格

3,780円(税込)

購入数


意匠登録出願中
どなたでも簡単に組みひもがお作り頂けるキットです

◆麻の葉柄の由来

六角形の幾何学文様で、平安時代から仏像の装飾などに使われてきた柄です。
後にこの模様が麻の葉に似ている事から、麻の葉柄として親しまれるようになりました。

麻の葉は成長が早く、真っ直ぐにグングン成長して行くため、麻の葉柄には「子供が健やかに成長しますように」との願いが込められています。

またこの柄には魔除けの意味があり、昔から産着の柄として広く親しまれてきました。

◆組みひもの歴史
縄文時代前期の土器に組みひもの痕が残っていますし、平安時代には太刀を身につけるための平緒に用いられ、その美しさを競ったと言われています。
組みひも台
この組みひも台のスリットは幅が二段になっています。太いひもで組めば太い組みひもが、細いひもで組めば細い組みひもが出来上がります。

ひもの配色を変えることで、様々な表情の組みひもを作ることが可能です。

付属のひもだけでなく、様々なひもで楽しんで頂けるキットになっております。

麻の葉組みひも

◆麻という農産物
かつては衣類や縄、釣り糸や、漁網に、種は食料に、茎は建材にと、幅広い用途に使われていました。

神道の世界では「清めのしるし」として用い、伊勢神宮のお札は現在も「神宮大麻」と呼ばれています。また神事であった相撲の最高位・横綱の化粧まわしは大麻で作られています。

私たちの人生の節目にも欠かせないもので、「結納の共白髪」、「安産祈願の護符」、「へその緒を結ぶ糸」などに用いられてきました。



組みひも台:栃木県産のヒノキ製

この商品を買った人はこんな商品も買っています