ホーム マイアカウント お問い合わせ

会員専用ページ
ログイン
はじめてのお客様へ 新規会員登録はこちら
商品カテゴリー
おすすめ商品
売れ筋商品
カートの中

» カートの中身を見る

メールマガジン
メルマガ登録・解除はこちら
RSS ATOM

無農薬真菰の枕

7,560円(税込)

販売価格

7,560円(税込)

購入数
カラ―


真菰
真菰は古来よりご神事には欠かせない「聖なる存在」です。
出雲大社の注連縄は麻ではなく、真菰で作られています。

6月には「出雲の森」で「凉殿祭(すずみどののまつり)」が行われますが、出雲の森より御手洗井までの間に盛られた白砂の上に、青々とした真菰が1本1本置かれ、祭祀を終え御幣を奉持した國造がその真菰の上を歩むのですが、その真菰をお風呂に入れると無病息災のお蔭があり、また田畑に埋めると五穀豊穣のお蔭があると古くから言い伝えられています。
水の浄化にも大いなる力を発揮します。昔は、真菰で浄化した水を田んぼに引いて米作りをしていました。

宇佐八幡宮や神田明神の「ご神体」は、「真菰で編んだ枕」と言われています。
真菰には神が天降る(あもる)。それほどに尊いモノなのです。
真菰の枕

この真菰の枕は、きいおばあちゃんが無農薬で育て、暑い盛りの6月から8月に刈り取りをし、天日で干した真菰を使っています。それを裁断して麻ひもで編むのですが、きいおばあちゃんはその時「ひふみ祝詞」を奏上しながら編むのだそうです。

赤ちゃんの時は「あわの唄」を子守唄代わりに聞き、やがて自分でも口ずさむような子供だったそうです。この枕には自然の祈りがいっぱい詰まっています。

真菰そのものが祭祀に使われることでもお分かりのように、大変清々しく清浄なエネルギーを放っています。寝つきが悪い、夢見がよくない、ご自分に自信が無い、ついついネガティブなことばかり考えてしまうなどお困りの方は、この「きいおばあちゃんの真菰の枕」を是非お試しください。
真菰の枕
このように高さ調整もして頂けます。
使っているとその方のネガティブなエネルギーを吸い取って、真菰の葉がヘタってきたり、湿っぽくなる場合があるそうです。真菰が生きている証拠です。

枕カバーの色は、男性用(紺系)、女性用(赤系)がございます。

この商品を買った人はこんな商品も買っています